代表メッセージ

「水道」のパイオニアとして社会構築に貢献

昭和44年(1969)の設立以来、私たちは一貫して社会インフラ整備に関わり、地域の産業や暮らし、経済活動を支えてきました。スタートは水道管やガス管敷設を行う配管工事業です。その後、工事現場での経験をもとに、性能や安全性、効率化などの付加価値を備えた製品の開発・製造部門を新設。「明和式」と名付けたオリジナル製品で実用新案や特許を取得し、メーカーとしての顔も持つようになりました。さらに、平成元年(1989)には仮設工事用水道管レンタルという日本初の事業を立ち上げ、守備範囲を拡大。このレンタルサービスは、工事だけでなく災害復旧にも活用できることから広く注目を集め、今では全国の自治体の85%以上に採用されるほど浸透しています。

私たちの根幹にあるものは、水の安定供給を支える責任とものづくりへのこだわり。揺るがない信念と確かな技術力で、時代のニーズに即応し、それまでになかった製品や工法、サービスを生み出してきました。現在、日本は人口減少や社会インフラの老朽化、度重なる自然災害など、様々な問題に直面しています。私たちは固有の技術にIoTやAIを導入した製品やシステムを開発して新たな価値を創造し、課題解決に寄与していきたいと思います。これまでもこれからも、「水道」のパイオニアとして、持続可能な社会の構築を支えてまいります。

明和工業株式会社 代表取締役社長
関根 壮至